1. HOME
  2. 舟渡地区

往年の

にぎわい偲ぶ

舟渡地区

①龍江に町並みができたのは、 舟渡が初めてだった。 渡船と通船の竜東の玄関口として、 大変なにぎわいだったという。 商家・運送屋・料亭・髪結い・大工・鍛冶屋などが軒を並べていた。

②文明4年(1472)頃から渡船が始まり江戸時代に入って、今田が天領となってから直轄地と代官陣屋を結ぶ線上にある今田に公用船を置くようになった。

龍江かるたを訪ねてより
error: ©︎tatue.jp