1. HOME
  2. 四鬼峠

四鬼の道

信仰こもる

石碑群

①四鬼山(斧山)また善光寺分院があるので善光寺山と呼ぶ。道ばたに、50基もの石碑が立ち並ぶ。中原を中心にした人々の信仰は深く、今も盛んに祀る。中原から安戸に通ずる道の峠である。

② 中原にあり、寛保3年(1743) 治部右衛門氏の開基。岩屋厨司に善光寺如来・尊像諸神仏を安置してある。日下部鳴鶴氏の書の岩彫りもある。

③中原集会所前に「信州今田善光寺如来」がある。

龍江かるたを訪ねてより

四鬼山は

むかしも今も

月さやか

①小手ケ入り・清水入り二つの沢に挟まれた小高い尾根「四鬼山(斧山)」は、月の名所である。昔の文人・墨客は筵を広げ名月を愛でた。今田八景の一つ「斧山の秋月」として人々に親しまれた。

龍江かるたを訪ねてより
error: ©︎tatue.jp